ホームへ戻る

むすびコラム

むすびの活動や、お知らせしたい事などをお届けしています。

むすびコラム

むすびの活動や、お知らせしたい事などをお届けしています。

サフラン畑を訪ねてスペインへ。

2018.09.03
レポート

むすび代表の渡辺が、心と体の体調を壊していたときにスペインで出会った「サフラン」

 

ひとりでも多くの方に笑顔に、元気になってほしいという想いからこのサフランを使った健康食品をお作りするようになりました。

 

大切なお客様にお届けするものだから・・・
今でも定期的にスペインに行き、サフランの畑や生産者、工場を訪ねています。
今年も7月に訪問したときのレポートをお届けします!

 


スペインの「アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港」という長ーい名前の空港に降り立ちました。
乗降客数では世界で10位となる大きな空港です。

 

今回は弾丸訪問だったため、観光する時間もなく…すぐにサフランエキスを製造しているマドリードの研究所、PHARMACTIVE社へ向かいます。

 

PHARMACTIVE社はサフランのエキスを製造しているだけではなく大学や研究施設とも連携し、さまざまな臨床試験なども行っています。DNAテストによってサフランは100%スペイン産で、遺伝子組み換えでないことも確認されています。

 

研究所の皆様と。

 

ランチタイム♪スペインといえば、やはり「パエリア」!8人分の、迫力ある巨大な鍋(フライパン?)!!
(比較対象が無くて大きさが伝わりにくくて申し訳ありません)
パエリアのオレンジ色の色付けには、サフランが使われます。

 

次に、マドリッドから車で3時間以上かけてサフラン畑のあるカスティーリャ=ラ・マンチャ地方へ向かいます。スペインの中部にあり、「ドン・キホーテ」の舞台として知っている方もいらっしゃるかもしれません^^

 

畑のある、アルバレアという町に到着。

 

こちらがサフラン畑です。広大!空が青い!

 

でも残念ながら今はサフランが見えません。(ごめんなさい。。)
この大地の中に、サフランの球根が眠っている状態です。

 

サフランの球根を掘り起こしてもらいました。これから秋にかけて芽が出て、11月頃にサフランの花を咲かせます。

 

咲いた状態はこんな感じです。
花が咲くと、その日のうちに人の手でひとつひとつ丁寧に花を摘み取ります。考えただけでも腰が痛くなりそうです(汗)

 

ラコステのポロシャツが良くお似合いの、サフランの生産者の方と。
サフランは農薬を使わず、大切に育ていているんだよ、と説明をしてくださいました。

 

本当に弾丸ツアーだったため、これでスペインとさようならです。

 

訪問するたびに思うのはサフランの農家の方、工場で生産する方、研究所の方・・・皆さま本当にサフランに対しての想いが強く誇りをもって生産に携わっていらっしゃいます。
ひとりひとりと会ってお話しをすることで我々も安心してお客様のもとへ製品としてお届けすることができます。

 

記事をご覧くださり、ありがとうございました。

 

帰路に就く途中で・・・

その他のコラム

株式会社むすび

株式会社むすび 株式会社むすび